イグナルファームの想い

平成23年3月11日、東日本大震災では多くの尊い生命、財産、生業を奪われ、農地、園芸施設等も壊滅的な被害を受けました。

そして、今後の農業経営にも致命的な環境に立たされました。

当年5月に、当役員が集まり、これからの生活、仕事(農業)についてどのようにしていくのか、

そして、法人化を視野に入れ、営農再開が早期にできることを目指すことになりました。

7月には、東日本大震災農業対策交付金事業・JAいしのまき 園芸用貸付ハウスに手を上げ、

建設用地の確保をすべく奔走しました。

12月26日には「株式会社 イグナルファーム」を設立することができました。

社名の「イグナル」は方言で「良くなる」の意を表しています。

会社に関わる人、農業、地域、全てが「イグナル(良くなる)」ことを願い命名しました。

被災農家の希望、農業の未来に繋がる元気で力強い会社を目指し、安定した経営を確立し、

更なる農業技術の向上・発展、担い手を育成し、農業の魅力を次世代に伝え、持続する農業を実践し、

東松島市の農業復興の為に最大限の力を発揮し、未来を明るく、そして楽しく生活できることを目指していきます。

株式会社イグナルファーム
代表取締役 阿部 聡

Copyright イグナルファーム